TOP > 未成年が脱毛施術を利用する条件

未成年が脱毛施術を利用する条件

脱毛できる年齢というのは、はっきりと決まっておらず、利用する店舗によって独自に定められていることがほとんどです。


年齢が若くても利用しやすいのが、脱毛サロンです。
かなりの幅が見られますが、最も若い年齢なら3歳から受け付けている店舗が存在します。
7歳や12歳以上という年齢制限のあるサロンもあります。

一般的には、16歳以上から受け付ける店舗が多くなっています。

ホルモンバランスが安定し、女性としての身体が出来上がってきたころから受け付けるといった具合です。

梅田の全身脱毛の情報を公開しているサイトです。

16歳以上で生理が安定してやってきていれば、受付可能と公表するサロンも存在します。

クリニックにおいても、殆どが16歳以上からの受付です。20歳未満の人はまだ未成年ですので、自分の意思で勝手に脱毛施術の契約をすることができません。
サロンでもクリニックでも、同意書を用意していますので、両親などの保護者に同意書に記入をお願いして店舗に提出します。保護者が書き込む欄は、必ず保護者の直筆で記入しなければなりません。

未成年の利用者が記入するのは違反です。
氏名や連絡先などを記入し、印鑑を押すだけの簡単な内容です。
記入が終わったら、契約時に提出しましょう。



同意書だけで受け付けてくれるところから、保護者同伴で来店することを条件にしている店舗も存在します。



その店舗の方針に従って、申し込みや契約を済ませるようにすることで、未成年でも快適な脱毛施術を受けられます。