• 化粧水の使い方とその効果

    化粧水とは、皮膚を保湿し肌を整えて滑らかにする機能を持つ透明液状の化粧品を言いますが、その使い方やその効果を説明していきます。

    暮らしを豊かにしてくれる化粧水の効果情報をこれから探す方におすすめのサイトです。

    化粧水は肌を潤す事や水分を補給するイメージが強いですが、その成分は殆ど水か占めており、その水分は肌の内部に蓄えれる訳ではないのでその後蒸発します。

    朝日新聞デジタルの情報が満載です。

    多く肌に付けたとしても肌を乾燥させてしまい逆効果となります。

    本来の使用目的は、水分を蓄えるのではなく、肌や角質層を整え肌の状態を良くするために使われます。


    そして化粧水と美容液やクリームをがスキンケアの主流となっています。

    市販されているもので、安価なものから高価なものまでありますが、肌の状態や用途に合わせて選ぶと良いです。例えば、ビタミンC誘導体入りのものもあり抗酸化や美白、毛穴の引き締め効果もあります。



    乾燥肌がひどい方は、保湿の高いセラミド配合の化粧水を使用すると良いです。
    使い方としては、手のひらに適量を付け顔全体に馴染ませます。


    乾燥しやすい目の周りやフェイスラインに手の平を使い軽く押さえます。

    その際にコットン等では叩かない様にします。
    パッティングの際に繊維の刺激で各層に小さな傷が付きやすくなる為です。


    各層が傷付くと肌の潤いが蒸発し、外からの刺激が肌内に入り肌は乾燥して老化を招く原因になってしまいます。
    化粧水の効果は直ぐには出ません。
    その人の肌状態や体質により効果は個人差が出ますので、少なからず数ヶ月使用し自分に合ったものを選ぶと良いです。